2012年03月30日

バルセロナ

バルセロナといえばサッカーが強いことで有名ですが、
実はあのピカソはバルセロナで育ったんですね。

バルセロナという街は戦争で他民族に長期間占拠され、
高い城壁に囲まれどんよりと、ひっそりとその歴史を刻んできました。

その小さな町がスペインという国家の一部として認められ、
城壁を越えて、ある一人の人間によって計画的に街として
デザインされていき、今のバルセロナになりました。

やれサグラダファミリアだのバルサだのの華々しい
バルセロナの裏にはとても長く虐げられた苦しい歴史があったのです。

それゆえにスペイン首都圏に対する対抗心は
かなりのものです。
今のレアル対バルサのいがみ合いというのは
歴史に裏付けられたいわば宿命なんですね。

バルセロナは自然に育っていった中核部と
一人の手によって計画的に創られた周辺部とのコントラストが
非常に印象的です。
その両極端がひとつの場所に存在するこの街では
人工物とは何かを意識せざるを得ません。
その中にそびえたつサグラダファミリアという人工の建築物でありながら
自然界の法則をふんだんに盛り込まれた奇怪な塔。
バルセロナという街はいまやスペインを語る上で
欠かすことのできない存在といえるでしょう。
posted by ちゃびん at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。